私のWebサイト

プログラミング

 以前、私のWebサイトは、XCL(XOOPS Cube Legacy)というCMSツールを使って作成していました。
 XOOPS(ズープスと読みます)って馴染みのない人には、何のことかさっぱりですよね(^^;
 Webサイト制作に携わったことがある方なら、一度くらいは聞いたことがあるかもしれません。
 少し説明しますね。
 XOOPSは、CMSに分類されるソフトウェアです。
 CMSとは、Contents Management System の略で、コンテンツを管理する為のものです。
 XOOPS自体は、PHPとMySQLから構成されています。
 普通、Webサイトを作成する場合、1ページ、1ページ、HTMLで作成しなければなりません。
 (ホームページビルダーやDreamweaver等のホームページ作成ソフトを使っても同じです。)
 ページ数が少なければ、HTMLファイルだけでも十分ですが、ページ数が多くなったり、掲示板やお問い合わせのフォーム等のCGIを導入したりすると、管理が大変になります。
 1,2ページ追加するために、既存のページ(リンク先の変更やトップページのお知らせ、サイトマップ等)も編集し、FTPでアップロードしなければなりません。
 作業量は、追加するページ分では済まなくなります。
 気軽にWebサイトを更新するという訳にはいかなくなり、大変になってきます。
 XOOPSを使えば、これらの作業を軽減することができます。
 XOOPSは、主にコア(本体)部分とモジュール群、テーマがあります。
 モジュールには、静的コンテンツ作成(pico)、ブログ、フォーラム(BBSのようなもの)、新着情報(ニュース)、カレンダー表示などがあります。
 ご自分で必要なモジュールを組み合わせてWebサイトを構築します。
 一度構築してしまえば、後は各モジュール管理を使い、掲載内容(コンテンツ)を作成すれば良いだけになります。
 つまりは、掲載内容だけに専念することができます。
 組み込むモジュールにもよりますけど、一般のブログ(アメブロやヤプログなど)とほぼ同じようなイメージで、デザイン変更や文章掲載などが意外と手軽にできます。
 導入初期は、テーマ(Webサイト全般のデザイン)や各種モジュールのインストール、テンプレート(モジュール単位のデザイン)の編集など大変ですけど、一度構築してしまえば、XOOPSはけっこう使いやすいCMSでした。
 ちなみに、私のWebサイトは、何処をどう直したのかもわからないくらい、いろいろと編集しまくっていました(笑)
 今後もXOOPSを使ってWebサイトを作っていきたかったのですが、残念なことに今では他のCMSに押されて下火になってしまいました。
 好きだったCMSが下火になってしまうのは、なんだか寂しい感じがしてしまいます。

ムームードメイン
スタンダードプラン 詳細はこちら
格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』
ドメイン総合サービス【VALUE-DOMAIN】
格安ドメイン取得サービスならエルドメイン
あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?
さくらのレンタルサーバ プレミアム
月額968円からのパワフルで高速なクラウド型レンタルサーバー
ハイコストパフォーマンス レンタルサーバー
WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』
資格書なら翔泳社の通販『SEshop』
Mail & Backup
おすすめレンタルサーバーはこちら
あなたのお持ちの独自ドメイン、全て利用できます!

タイトルとURLをコピーしました